芸術家が集うまち

信仰と木彫りの里

 

寺のまち井波は、富山県南西部の散居村で名高い砺波平野の南端に位置し、八乙女山の山麓に抱かれた歴史と自然あるのどかな町。
1390年(明徳元年)、本願寺5代門主綽如上人が、この地に瑞泉寺を建立されたことに始まり、以来、井波は瑞泉寺の門前町として栄えてきました。また、瑞泉寺再建に発した「井波彫刻」は、欄間・獅子頭・天神様などの伝統工芸品を生み出し、彫刻産業全国最大規模となりました。

寺のまち井波には300名以上の彫刻を商いとする芸術家が住んでいます。
 

はじまりは瑞泉寺(ずいせんじ)。

ものづくりの聖地、井波の原点です。

 

古刹「井波別院瑞泉寺」は明徳元年(1390年)、本願寺5代綽如上人によって開かれました。この寺は北陸の浄土真宗信仰の中心として多くの信者を集め大きな勢力を持っていましたが、16世紀、佐々成政の軍勢に攻められ、焼き払われてしまいました。兵火を逃れて城端北野に移った後、再び井波へ戻り、現在の場所に再建されました。
現在の本堂は、明治18年(1885年)に再建されたもので、北陸地方の真宗木造建築の寺院としては、一番大きな建物です。

覚えておきたいものがある。

忘れたくないものがある。

 

日本一の木彫りの里。

瑞泉寺の門前町として発展した井波にとって、切っても切れないのが「井波彫刻」です。その歴史は230余年。火災で焼失した瑞泉寺の再建のため、京都より招聘された彫刻師の教えを受けた井波の宮大工たちが、その技術を受け継ぎ進化させ、今日の井波彫刻文化の礎を築きました。

現在井波の町には300名近くの彫刻師が居住し、通りには彫刻工房が軒を連ね、槌音を響かせています。

優しさに触れ、ぬくもりを感じる。

感動に会いにいく。

 

井波には、長い歴史に彩られた多くの名所旧跡があり、620年余の歴史を有する瑞泉寺をはじめ、木立の美しい井波八幡宮、国指定史跡高瀬遺跡、鎮座二千年となる高瀬神社、俳聖・松尾芭蕉ゆかりの黒髪庵があります。また、昭和の文人・池波正太郎も生前、井波を6度も訪れ「いずれはこの地に住みたい」とこの地をこよなく愛しました。

伝統芸能として、大神輿が巡行し、獅子が舞う「よいやさ祭り」や、伝統行事「太子伝会」と「木遣り踊り」、いなみ国際木彫刻キャンプ、寺のまちアートなど伝統と文化が薫るイベントが数多くあります。

優しさに触れ、ぬくもりを感じる。

感動に会いにいく。

 

瑞泉寺への参道となっている八日町通り、本町通りの傍道の小道や細い裏通りには寺社や商家の蔵、商店などが点在し、秘めた魅力が残されています。

井波は、朝夕には子どもたちの声があふれ、行き交う人が気持ちよくあいさつを交わす、生きた町。古くから変わらないものと、新しく変わりゆくものの共存を楽しめる町並み。

ここは、人々によってつくられた町ではなく、人々がつくってきた由緒ある町なのです。

- 小西不動産 -

住所:富山県南砺市井波3094

tel:0763-82-0755

FAX:0763-82-4734

Email:info@konishi-hudousan.com